2015年11月2日月曜日

【備忘録】Google スプレットシートをURLから直接アクセスするときに、常に一番左シートを開いて欲しい

というスレッドを見かけたので検証してみました。
あまりGoogle スプレットシートには詳しくないのですが、うまくいったようなのでメモしておきます。なお、「共有」の詳細設定にある「共有リンク」をブックマークにいれておいてアクセスすれば、一番左のシートが標準で出てくるので、必要かどうかは??かもしれません...



アプローチ

のGoogle Apps Script(GAS)を参考にさせていただくことにしました。
こういう実現は、GASを使えば簡単なのだなぁと改めて思いましたね。

では順を追ってやり方をみてみましょう。

手順


  1. Google スプレットシートを開きます。
  2. ツール→スクリプト エディタを選択。
  3. コード内をすべて削除して下記に置き換えます。
    function sample_activate_first_sheet_2(){
     SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheets()[0].activate();
    }
  4. ファイルから保存します。
    ※名前は目的が分かればなんでもOK
  5. リソース→現在のプロジェクトのトリガーを選択
  6. トリガーはないので、「追加するか?」を聞いてくるリンクをクリックして追加
  7. 以下のように設定します。
    実行 = 先ほど作ったスクリプトの名前(function sample_activate_first_sheet_2())
    イベント = スプレットシートから「起動時
  8. 保存します。すると許可を聞いてくるので続行して許可します。
以上で、これを有効にしたGoogle スプレットシートに関しては、URLから直接アクセスしたときにでも、一番左のシートが最初に開きます。

なお、getSheets()[0] の数字の0が一番目です。2番目を常に開きたければ、getSheets()[1] となりますね。

ちょっとした小技を知った今日このごろです (^o^)/

2015年11月2日 @kimipooh










0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge