2018年10月12日金曜日

【備忘録】Googleトップレベルユーザプログラムが、Googleエキスパートプログラムに名称変更・・

Google公式Twitterでつぶやかれた
をみて、Google トップレベルユーザープログラムのサイトをチェックしてみると


のように、Googleプロダクトエキスパートプログラムに名称変更するという注意書きとリンク先が書かれていました。まだサイト自体は英語のみで準備中のような感じですが、さすがに名称変更しただけで何も変わらないなんてことはないでしょう。どのように変わるか今後が楽しみです。

なお現在の筆者の Google プロダクトヘルプフォーラムでの称号を記念にスクリーンショットとっておきました。もしかしたら、何か変更になってしまうかもしれませんしね。

Gmailヘルプフォーラム

Chromeヘルプフォーラム

となっています。

今月末には、 Google Product Experts Summit 2018 が米国カリフォルニア州サニーベールで開催されます。そのあたりで詳しい話が聞けるのかもしれませんね。ちょっとワクワクしてきました!

Google エキスパートプログラムについて


Gmailヘルプフォーラム等で、Google社員による発表がありましたね!

従来

  • 注目ユーザー 
  • トップレベルユーザー
  • プラチナトップレベルユーザー


新規

  • シルバープロダクトエキスパート
  • ゴールドプロダクトエキスパート
  • プラチナプロダクトエキスパート

になりました。筆者は、プラチナプロダクトエキスパートです。
バッジのほうも下記のように変わっていました。



2018年10月12日 @kimipooh

2018年10月7日日曜日

Google Product Experts Summit 2018 に招待されたので行ってきますー

今年は10月末から11月にかけて、米国カリフォルニア州サニーベルでの開催になります。今年も招待されたので、行ってきます!

Google Product Experts Summit とは


Googleプロダクトのヘルプフォーラムや Twitter をベースとした Help on Social などを通じて、それぞれのプロダクトで Google から Google トップレベルユーザーの称号を付与されたユーザー達、Google プロダクトに関わる様々な Google社員が米国カリフォルニア州サニーベルに集結してブレインストーミングや様々な製品を体験できるサミットです。
今回は少し名前が変更になっていますが、これまでも Google トップレベルユーザーサミット(英語名称は、Google Top Contributor Summit / ハッシュタグ #tcsummit)という名前で2年に1度ぐらいの頻度で開催されてきました。筆者はその2回目2013年から Gmail、Chrome、G Suiteのトップレベルユーザーとして参加しています。

開催地について


  • 2011年 米国カリフォルニア州サンタクララ
  • 2013年 米国カリフォルニア州サンノゼ
  • 2015年 米国カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 2017年 シンガポール(3地域に分けて開催)
  • 2018年 米国カリフォルニア州サニーベル

2011年、2013年、2015年は、マウンテンビューにある米国Google本社でも開催しています(2011年は、Google Japan Blog で公開されている「グローバル トップレベル ユーザーサミット 2011 のご報告」を参照)。2013年、2015年、2017年については、イベントまとめページに掲載しています。

どれぐらい参加しているの?


第1回目は、Googleトップレベルユーザーだけで、日本から4名、全世界から250名ぐらいだったサミットが、2013年には日本から筆者を含む7名、全世界から500名を超える人数が参加するようになり、2017年にはついに3地域に分けた開催になりました。今年はまた米国に集結することになります。過去のサミットでは、Google社員の方々も相当数参加されているため、今年は一体何名が参加することになるのでしょうか。ワクワクしますね!

2018年10月7日 @kimipooh

2018年10月4日木曜日

【バグ修正済み】Gmail / Inbox アプリで、旧Office フォーマット添付ファイルを開くことができない

2018年10月6日時点でリリースされた

  • Gmail 5.0.180921
  • Inbox by Gmail 1.3.180921

で本バグは修正されました。



旧Office フォーマットというのは拡張子でいうなら、doc, xls, ppt のことで、Office 2013以前のソフトで保存した形式になります。最近、Gmail ヘルプフォーラムで、旧Office フォーマットの添付ファイルを iOS の Gmailアプリで開くことができない(エラーになる)というスレッドをみて実際に試してみました。
他にも米国Gmail Help Forum でも、「Office Import Error Domain error 912 ... cannot open .XLS attachement with gmail app.」という類似のスレッドがあります。
Twitter でも、iOS11.4.1 になってから開くことができないというツイートがありました。

つまり、Office 2003 や 2007、2011 for Mac あたりのアプリを使って作成したOffice書類について、iOS の GmailアプリやInbox by Gmailアプリでは現在開くことができなくなっているということですね。

検証結果


結論として、下記の環境では確かに
iOS 12.0
iPhoneX
Gmail 5.0.180909
Inbox by Gmail

操作を完了できませんでした。
(OfficelmportErrorDomainエラー912)
(null)

と開くことができませんでした。

ただし、iOS標準にメールアプリだと開くことができました。
複数のアカウントで試して再現したので、Gmail関連アプリでは旧Office フォーマットはサポートされなくなったのか、あるいは一時的なバグなのかどちらかだろうなと思います。

再現手順


  1. MacのChromeブラウザより、https://gmail.com にログイン
  2. 新OfficeフォーマットのWord, Excel, PowerPoint書類(test.docx, test.xlsx, test.pptx
    旧OfficeフォーマットのWord, Excel, PowerPoint書類(test.doc, test.xls, test.ppt
    を作成
  3. それらを Gmailに添付して送信
  4. Gmailアプリ、Inbox by Gmailアプリ、iOS標準のメールアプリで受信する
  5. それぞれ開くか確認する

下記のように6つのファイルを添付して送信


Gmailアプリで受信すると


のように受信される。これを1つずつ開くと、下記のように旧Officeフォーマットのみエラーがで開くことができない。



次に、Inbox by Gmail でも同様の結果がでることを確認。

最後の iOS 標準のメールアプリでは、添付されたファイルをタップすると、まずはダウンロードすると出てきて、すべてタップすると下記のような添付状況になります。それらを1つずつタップすると、新、旧Officeともに開くことができました。



以上のことより、iOS12の制限ではなく、特定アプリ上でエラーになるということがわかりました。一時的なことかどうかわかりません。が、不便だなと思ったら是非、フィードバックして問題を報告しておくことをおすすめします。

2018年10月4日 @kimipooh

Google+ Badge