2014年9月1日月曜日

【情報収集中】突然Google Chromeが起動できない、動かないという問題(2017年8月22日)

Chrome 37になってから、ちらほらと見かけるようになっています。
まだまとめ切れていませんが、気づいた情報をここにまとめていきたいと思います。

※起動するが、動作が遅い場合には
を参考にしてください。下記は、全く起動できない場合です。

一般的な対応方法

をまずは確認してみてください。

後は、
  • シークレットモードでも起動しないかどうか(拡張機能等OFFで確認)
  • セキュリティ対策ソフトを一時的に無効にしてみる(対策ソフトがChromeをブロックしていないかどうか)
    ※セキュリティ対策ソフトをアンインストールする方が確実
  • Chromeをアンインストールし、再度インストールしてみる。
    ※ユーザープロフィールも削除すると確実(設定ファイルが壊れていないかどうか)
  • Canary版(開発最新版)を導入し試してみる(日々更新される最新開発版で問題が解決していないかどうか)
  • Chrome 64bit版を使ってみる(64bit OSのみ)
      参考:http://11neko.com/internet_brows/
  • (Windows限定)問題が起こらなかった時までシステム復元してみる。
あたりもチェックしてみるとよいと思います。
それ以外の特殊事例については下記にまとめていきます。

Chrome 53以降の 64bit版は、EMETと互換性がない(2017/08/22)



回避策として上記URL末尾に

- Removing the browser from the list of applications monitored by EMET, and/or ( ChromeをESETのモニタ対象外にする)
- Disabling the caller mitigation setting and EAF+ specifically for chrome_child.dll.( EAF+のホワイトリストに chrome_child.dll を追加する)

とあるので、そうするか EMETを利用するのをやめるのいずれかの選択肢しかなさそうに書いてますね。
上記設定の具体的な場所については、Chrome Help Forum の下記スレッドのベストアンサーをチェックしてみてください。


Chrome 58 より NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID と出て HTTPSサイトにアクセスできない(2017/05/24)



の問題かもしれません。

これをみるとレジストリの編集が必要です。レジストリ編集が難しいようなら、


に設定のオン・オフのツールを用意したので使ってみてはと思います。
Cone or download ボタンよりダウンロードし、「Enable-EnableCommonNameFallbackForLocalAnchors.reg」を開いて実行するのみです。
どのような内容かは
にあるそれぞれのファイルから閲覧できます。

Chrome 32bit版にしたら動作した(2017/05/17)


Chrome 64bit版の場合にトラブルが起動しない事例がいくつかでてきました。
いろいろやってダメなら、一度アンインストールしてから 32bit版をいれてみてはと思います。何故突然そうなるかというと、最近 4GB以上のメモリが搭載されており、Chrome 64bit版が動作するPCについては、Chrome自動更新で64bit版に自動更新されるようになったのです。それでおかしくなったのかもしれませんね。



Etron社製のUSB 3.0ドライバが古いせいで起動できない(2016/03/31追記)


ここ数日そういった事例がふえてきました。

などを参考に該当するドライバが入っているなら更新してみてください。


Windows 10へアップグレード後、起動しなくなった場合(2016/02/17追記)


を参考にしてみてください。

Rapport拡張機能  (Trusteer Endpoint Protection)を削除する



過去のフォーラムでの解決事例


  • COMODO FIREWALLを使っていて、Comodoの除外リストにchrome.exeを登録してみてください(2015/09/03)
  • カスペルスキー2012を2015へアップグレードしたら直った(2015/09/14)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge