2015年10月28日水曜日

【小技】任意のコマンドを実行するアプリを作ろう - Gmail起動アプリの作成 - MacOSX編

少し前に、【MacOSX 専用の小技】コマンド一発でGmailを起動する方法を紹介しましたが、これの応用編です。でも簡単です。

コマンドなんて使うの面倒さ!

だってターミナル起動しないといけないじゃん。と思うでしょう。MacOSXではAutomatorという素晴らしいアプリが標準搭載されています。これを使えばいろいろな操作が自動化できます。

1つの例として、Safariを起動して、Gmail(https://gmail.com)にアクセスするアプリ「Gmail.app」を作成してみましょう。とても手軽ですよ!!
以下、MacOS 10.10 (Yosemite)とMacOS 10.11 (EL Capitan)で確認しました。

Gmail.appの作成方法


  1. アプリケーションフォルダにあるAutomatorを起動します。
  2. ファイル→新規を選択し、「アプリケーション」を選択します。
  3. 「Run Shell Script」あるいは「シェルスクリプトを実行」を探します。
    そして、それを右側の枠にドラッグ&ドロップします。そして、入力ボックス内に、
    「open -a Safari  https://gmail.com」といれます。
  4. ファイル→書き出しを選択します。名前はGmail.appにします。


これで


のようなアイコンが出来ているはずです。これを開くと、Safariが起動して Gmailへログインしようとしませんか!

Chromeを起動したければ、open -a "Google Chrome"  https://gmail.com となります。なかなか便利でしょ!

ちょっと待って!このアイコン変えたい!!

と思いませんか。もちろん変更できます。

1. アイコンサイズの確認


デフォルトは 48x48になっていると思います。
確認の方法は、デスクトップ等の空いているスペースを一度クリックし、上部バーに「Finder」が出たら、表示→「表示オプションを表示」を選択します。
そこに出ている「アイコンサイズ」が出てます!!

2. アイコン画像の作成


頑張ってください。絵心がないのでよいサンプルはお見せできません T_T;
サイズは「1」で確認したアイコンサイズの等倍あるいは倍数がいいでしょう。
後でアイコンサイズを大きく変更したいなら、少し大きめを作っておくという手もあると思います。拡大すると粗くなりますしね!

3. 作成したアイコン画像をクリップボードへコピー


作成したアイコン画像を「プレビュー」などで開き、編集から「コピー」します。
Photoshop使っているなら画像を「すべて選択」などしてから「コピー」になります。

な感じに作成したとします(ごめんなさい、絵心なくて・・・)

3. アイコンの変更


アイコンをクリックし、Commandを押しながら i を押すか、ファイルから「情報を見る」を選択します。すると下図のような画面がでてきますので、左上のアイコンをクリックして選択された状態にします。


 そして「ペースト」します。



のように変更されたでしょう。
するとアイコンも



のように変更されているはずですよ!

削除は、



の変更したアイコンをクリックし選択、Deleteボタンを押すだけです。

2015年10月28日 @kimipooh
2015年10月29日 加筆

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge