2015年10月15日木曜日

【情報収集中】Chromeの動作が遅い、読み込みが遅いなどの場合への対処

全く起動できない場合には
をチェックしてみてください。現在も情報を追加等しています。

以下、気づいたら加筆修正していきます。

トラブルシューティング

をしてみてください。その中でのキャッシュとCookieのクリアについては端末によってはやり方がかわる可能性があります。その場合には下記も参考にしてみてください。

Windowsの場合


  • セーフブートしてみる

セーフブートによってシステムキャッシュがクリアされます。セーフブート後、再起動してどうなるかチェックということです。

Macintoshの場合


  • NVRAMをリセット(Command + Option + P + Rを押したまま電源)
  • セーフブート(Shiftをおしたまま電源)

MVRAMリセットは、ハードウェアまわりのキャッシュをクリアして、次回再起動時に再認識します。電源を切って、Command + Option + P + R を同時に押しながら電源をいれて、ポーンという音ともにも再度再起動されるまで押しっぱなしにします。

セーフブートは、それをするだけでシステム周りのキャッシュをクリアしてくれます。

それでも改善しない特殊事例の場合


特殊事例のため、特殊な対応になることをご留意ください。そのような操作をしたのかは備忘録としてメモをしておいて、元に戻せるようにしておくことをオススメします。

Windows 10 で Chromeだけ「インターネットに接続できない」とエラーになる(2017.5.9)


数日前からクロームが使えません(Gmailヘルプフォーラム))

上記参考サイトを参照に、下記を実施すると直るケースがあります。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
  2. netsh winsock reset とタイプしてEnter
  3. PCを再起動する


セキュリティソフトを疑ってみる(2017.2.17)



レンダリングプロセス増加を抑制する


Chromeはタブごとに、Google Chrome Helperプロセスが立ち上がります。
そのためタブが多くなるとものすごいかずの Google Chrome Helperが立ち上がり、メモリを圧迫します。これを抑制するオプション付きで起動することで、多数のタブを開いた時にいくつかのタブが表示されるまで他のタブが表示されなくなるかもしれませんが、Google Chrome Helperプロセスを抑制できるので、メモリ消費を抑制できます。




を参考にしてみてください。
Macintoshの場合には、Automatorを使ったツールが便利です。
に作成済みのツールもダウンロードできるようにしています。

DNSキャッシュをクリアしてみる (2016.12.7)


  • chrome://net-internals/#dns にアクセスし、「Clear host cache」ボタンを押す
参考:chromeのキャッシュクリア(ちょっと知りたいIT活用の備忘録)


QUICプロトコルを無効にする(Chromeの試験運用機能)


FIREWALLなどで組織的なブロックをしている場合に効果が見込める場合があります。
QUICは、Quick UDP Internet ConnectionsというUDPで通信するような工夫をすることで速度アップをはかる技術です。ただ、外部とのUDPをブロックされている場合には逆に遅くなる可能性があります。

Chromeで chrome://flags にアクセスし、該当部分を無効にして再起動

Chromeの新リリースに伴う一時的な問題


GPU周りでエラーがないかチェックしてみる


Chromeで、 chrome://gpu  にアクセスして赤文字でエラーがないかどうかチェック。WebGLあたりにエラーがあるとグラフィックドライバ周りで問題がある可能性あり。
可能なら、グラフィックドライバを最新版へ更新してみよう。


Chrome 64bit版を使ってみる


OSが64bit版である必要があります。32bitの利用できるメモリ空間が4GBまでという制限なく使えるます。実際には限界がありますが、64bitは 16EB(おおよそ1600万TB)とかのレベルで、現存でそんなものを積んでいる一般端末はないはず。

ダウンロードは、
から可能。 なお、Chrome 38以降のMacOSX版は 64bit版しかない。

標準搭載のプラグインを疑ってみる(停止してみる) 2016.5.17


chrome://plugins にアクセスして、 Native Client や Widevine Content Decryption Module を無効にしてどうなるか見てみるということです。

上記については、Chrome で使用されているファイルについて(Chromeヘルプ)で説明されています。



タブのメモリ解放を有効にする(Chrome 46からの試験運用機能)


Chromeで chrome://flags/#automatic-tab-discarding にアクセスし、該当部分を有効にして再起動。
2015年10月15日 @kimipooh
2016年3月10日 加筆修正 @kimipooh
2016年12月7日 加筆 @kimipooh
2017年2月17日 加筆 @kimipooh

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge