2015年4月13日月曜日

【Google Apps管理者向け】受信メールや送信メールを管理者によって強制転送したり、ヘッダーを操作する方法

Google Apps 有償版 + Education版では、現在件名のことができるようになっています。受信ゲートウェイや送信ゲートウェイを使っているケースはまた別になるので、ここではそれらを使っていないケースに留めます。

※ユーザーごとの転送設定ではなく、まとめて管理者が転送先を追加するなどを行う場合になります。

受信メール

  1. デフォルト転送設定を使う(全体)
  2. 受信ルーティング設定を使う(ドメイン or 組織レベル)

の二通りあります。

送信メール

※GmailおよびGmailのSMTP経由である必要あり。送信ゲートウェイを使う方法は割愛(送信ゲートウェイを使っているなら、ゲートウェイ上から転送するほうが望ましい)

以下、それぞれについて説明する。

受信メール

1. デフォルト転送設定を使う

ドメイン全体に適応したいときに使います。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. アプリ→Google Apps→Gmailの設定→デフォルトの転送
よりアクセスしてみてください。

例)◯◯宛に届いたメールを、△△にコピー転送する

  1. 設定を追加
  2. 一致するエンベロープ受信者の指定
    1人の受信者>宛先:Google Appsのメールアドレス(◯◯)
  3. エンベロープ受信者が上記と一致している場合
    メッセージを変更>その他の送信先:受信者を追加(メールアドレスを追加 / △△)
  4. オプション
    この操作は認識されないアドレスと認識されたアドレスに対して実行します。

2. 受信ルーティング設定設定を使う

主に特定組織に対して設定したい場合。
特定のいくつかのアカウントに対して割り当てたい場合にはこっちのほうがいいかなと思います。

例)特定組織の所属するユーザーのメール宛に届いたメールを、△△にコピー転送する

    1. 管理コンソールにログインします。
    2. アプリ→Google Apps→Gmailの設定→詳細設定
    3. 組織の選択
    4. 転送>受信ルーティングより「設定」を選択
    5. 影響をうけるメール
       「受信」と「内部 - 受信」をチェック
    6. 上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います
       メッセージを変更>その他の送信先:受信者を追加(メールアドレスを追加 / △△)
    7. オプション
       エンベロープ受信者が一致する場合にのみ、この設定を実行します。 
    よりアクセスしてみてください。

    送信メール

    送信ルーティング設定設定を使う

    例)特定組織の所属するユーザーがGmail(GmailのSMTPサーバー)より送信したメールを、△△にコピー転送する

        1. 管理コンソールにログインします。
        2. アプリ→Google Apps→Gmailの設定→詳細設定
        3. 組織の選択
        4. 転送>送信ルーティングより「設定」を選択
        5. 影響をうけるメール
           「送信」と「内部 - 送信」をチェック
        6. 上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います
           メッセージを変更>その他の送信先:受信者を追加(メールアドレスを追加 / △△)
           ※セキュアなトランスポート>配信時にセキュアなトランスポートを使用する(チェック)
        ※オプションにて、特定送信者(ユーザー)に限定することも可能。

        2015年4月13日 @kimipooh

        0 件のコメント:

        コメントを投稿

        Google+ Badge