2018年3月26日月曜日

【備忘録】Gmail アドレスを追加した Google アカウントの解除について

 以前試したのは、 Gmail サービスの削除(Gmailアドレスを削除)することで、改めて Gmailアドレスに追加する前のメールアドレスで Googleアカウントを再登録できて使えます。ただしこの場合には、作成したGmailアドレスは永久欠番(再度同じアドレスの作成不可)になります。他の方法はないのでしょうか。

Google アカウントに Gmail アドレスを追加した場合


Googleアカウント(Gmail アドレス)
 ┗ 予備のメールアドレス:Googleアカウントで使用していたメールアドレス

となり、どちらのメールアドレスでもログインできますが、表示されるのは Gmailアドレスのみになります。

で、Googleアカウント(Gmail アドレス)から、Gmail アドレスのサービスを削除 (Googleアカウントは削除しない)すると、Googleアカウントとして必要なメールアドレスが不明になるので、新たなメールアドレスを追加するよう聞いてきます。ここで、「Googleアカウントで使用していたメールアドレス」をいれることで、

Google アカウント(GmailアドレスGoogleアカウントで使用していたメールアドレス)
 ┗ 予備のメールアドレス:なし

のように復活できるわけです。
では、次のようにしたらどうなるでしょうか。

予備のメールアドレスを削除して、新たに Google アカウントを作成


Googleアカウント(Gmail アドレス)
 ┗ 予備のメールアドレス:Googleアカウントで使用していたメールアドレス

の状況から、予備のメールアドレスを削除します。
その方法は
から削除するということです。
そうしておいて、「Googleアカウントで使用していたメールアドレス」で新規の Googleアカウントを作成するということです。

結論


作成自体はできましたが、全く新規の Google アカウントの扱いになります。
ので、本体の Gmail アドレスのサービスを削除する以外にデータを引継ぎつつ、追加前のGmail 以外のメールアドレスに戻す方法はないなぁという感じです。

つまり

  1. Gmail でないメールアドレスで Google アカウントを作成
  2. Googleドライブに適当なファイルを作成
  3. 作成した Google アカウントに Gmail を追加
    ※この時点では 「2」で作成したファイルは存在する
  4. 作成した Gmailの予備のメールアドレスから、「1」のGmailでないメールアドレスを削除
  5. Gmail でないメールアドレスで Google アカウントを作成できる
    ※「2」で作成したファイルはなく、完全新規扱いになっている
となります。以上より、「2」の時点で「Gmail でないメールアドレスで Google アカウント」は消えて、Gmailの方へ統合される。と判断したらいいかなと思います。
「1」ー「4」は2度ほど繰り返して検証しました(おかげで手持ち携帯はこれ以上作成できないというメッセージが。。。)。


2018年3月26日 @kimipooh

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge