2014年2月7日金曜日

【まめ知識】Gmailの表示名(差出人名)の変更

現在Gmailを取得した際にはGoogle+への設定を促されることもあり、Google+が有効になっていることが多いと思います。このGoogle+を使っている場合と使っていない場合とでは設定項目が異なります。
つまり単純にGmailの名前情報を変更するだけでは、相手に見える表示名が変わらないという状況が生まれます。そこで整理してみます。

Gmailの差出人名情報の変更


設定のアカウント情報にある「名前」を変更してください。
設定方法については、

が分かりやすいかと思います。

Google+を有効にしている場合


Google+ にアクセスしてみてください。
もしGoogle+が無効であるなら、Google+への参加メニューが出てくるでしょう。
そうでなければ、Google+プロフィール情報がGmailの表示名として使われるため、この情報の変更が必要です。変更については下記を参照してください。「名前」をクリックすることで変更できます。

※ただし、Google+プロフィール名には名前に関するポリシーがあるので、変更の際にはお気を付けください。違反するとアカウント停止措置を受けることがあります。

Google+を利用しておらず、名前に関するポリシーについて納得できないのであれば、Google+ プロフィール情報を削除できます。その際には、Google+も停止となります(後でまた再開可能です。
削除によってGmailが消えることはありません。Google+が停止し、それに関する情報(Google+の投稿、プロフィール情報の削除)は消えてしまいますが、使っていないのなら影響はないでしょう。

このあたりの検証については

に詳しく書かれていると思います。

Google+ プロフィール情報を削除した or Google+が無効の場合


上記設定でメールの差出人名は変更されていると思いますが、表示名については、個人情報 - アカウント設定(右上のメールアドレスをクリックしてアカウントをクリック)

も確認してみてください。

相手の連絡先を確認する


相手の連絡先に登録された情報が優先される場合があります。
その場合の相手には、変更前の名前が表示されることがあります。
このようなことが起こっている場合には、一度相手の連絡先情報から削除してもらうか、手動で名前変更してもらいましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge