2017年4月7日金曜日

【G Suite】Googleドライブのグループ共有における挙動について

Google ドライブの共有メールアドレスとして、グループを追加することができます。
しかしながら、少し奇妙な仕様があることが G Suiteサポートとのやり取りと実証実験でわかったのでメモっておきます。

Google Driveの共有にグループをつかった場合、後からグループにユーザーを追加しても追加したユーザーについては共有アイテムに表示されない


という仕様です。
2017年4月14日時点で、グループによるコンテンツの共有(G Suite管理者ヘルプ)の「ドキュメントをグループと共有するには」の注意事項に本仕様が掲載されていたようです。うっかりそれを見落としていたのかは分かりませんが、まぁそれが仕様ということでしょう。

最初は共有できないのは仕様だ! などとサポートから回答がきて、 @@!! って思ったのですが、その後上記の仕様であるという訂正回答を得ました。

まぁ共有アイテムに見えないのもバグじゃないの?って思うので是正要求はしましたが、とりあえず問題が解決したので良ししましょう。

共有アイテムに表示されないだけでアクセスはできる


ということだったのです。つまりは直接URLを叩けばいいってことですね。

共有アイテムに表示されるようにするには?


下記のいずれの方法を取ることです。

1. 表示されていないグループに新たに追加したユーザーを、別途共有ユーザーとして追加する


2. 一旦共有したグループを解除し、再登録する


<共有アイテムの共有フォルダを「マイドライブ」に追加していた場合の挙動>

解除すると、マイドライブからも消えます。
しかし共有しなおした時点で、マイドライブに再び表示されます。

まぁGoogleドライブアプリなどによって同期していたら、一旦削除されてまた同期しなおすので、マイドライブに追加した共有フォルダのデータが大きければ大きいほど、同期が面倒にはなりそうです。

共有アイテムに表示されないって?


◯◯グループ
 ┣ アカウントA
 ┣ アカウントB
 ┗ アカウントC

Googleドライブ
 ┗△△フォルダ
   ┗(◯◯グループに共有設定)

とした場合、◯◯グループに属しているアカウントA,B,CのGoogleドライブの共有アイテムに、△△フォルダが見えます。
しかしながら、

◯◯グループ
 ┣ アカウントA
 ┣ アカウントB
 ┣ アカウントC
 ┗ アカウントD

とアカウントDを◯◯グループに追加しても、アカウントDのGoogleドライブの共有アイテムに、△△フォルダが見えません。
で、

Googleドライブ
 ┗△△フォルダ
   ┣(◯◯グループに共有設定)
   ┗(アカウントD)

として、アカウントDのGoogleドライブの共有アイテムに、△△フォルダが見えるようにしたら、
Googleドライブ
 ┗△△フォルダ
   ┗(◯◯グループに共有設定)


に戻しても以後、共有アイテムに表示される。
という謎というか面倒な仕様になっているってことです。

2017年4月7日 @kimipooh

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge