2016年6月28日火曜日

【備忘録】Googleの2段階認証の確認に「確認コードを利用しない」新たな認証方式が追加

ちょっと最近多忙のためチェックするのが遅れがちなのですが、24日にGoogleの2段階認証に新しい「確認コードを利用しない」認証が追加されたということ。

下記が、アカウント設定 > ログインとセキュリティ >  Googleへのログイン > 2段階認証プロセスのオプションに追加されたってこと。これは一般 Googleアカウントだけでなく、Google Apps (無料版含む)にも実装されてます。


設定すれば、下記のように2段階認証の確認コードが必要な場面で、2段階認証の確認コードの代わりにスマホに上記メッセージがでて、「はい」をタップすることで完了します。メリットは確認コードをいれる手間が省けること。デメリットはデータ通信を行うため、ネット接続が必須であり比較的新しい Android や iOSが必要だということかなと思います。



なお2段階認証の確認については、1つの手段が使えない場合には他の手段に切り替えて確認が可能です。すべての手段を失ってしまうとアクセスできなくなりますので、Google認証システム アプリによる認証と、バックアップコード(ワンタイムパスワード)よる認証は合わせて設定しておくことが推奨です。

関連情報


などが参考情報です。
利用方法は AppBankにかなり詳しく書かれているので改めてやり方を説明する必要はないかもしれませんが、結構便利そうなのでここでも iPhone 6Sで試した方法を書き出しておきます。

必要なもの

  • セキュリティキーと 本機能は同時に有効にできない(一旦セキュリティキーは全部無効にする必要あり)
  • インターネット接続されたスマートフォン(Android と iOSのみ)
  • iOSは、Googleアプリ がインストールできる端末
  • Android は Google Play 開発者サービスのアップデート


なお、iOSは Touch IDに対応している必要がありそうです(iPhone 5S以上)。
そのため比較的新しい端末じゃないと使えなさそうですね。


また iOSの場合には Googleアプリでアカウントにログインしておいてください。
上記はアカウントにログインしていない場合に出てくるメッセージです。



Googleアプリログイン(iOS)


Googleアカウントへの設定準備


アカウント設定 > ログインとセキュリティ >  Googleへのログイン > 2段階認証プロセス にアクセスします。

セキュリティキーを使っていると、予備手段の2番目の設定は、下記の「Googleからのメッセージ」のみになります。


もし、「電話番号を追加」で下記のメッセージが出たなら、有効にしているセキュリティキーをすべて削除して無効にしてください。



無効にすれば、予備手段の2番目の設定には、下記の2つが出ているはずです。



「Googleからのメッセージ」にある「電話番号を追加」で新しい認証方式を設定してみましょう。

Googleアカウントへの設定


すると下図の説明がでてくるので、そのまま「開始」を押します。



もし、iOSをお使いで Googleアプリにログインしていなければ、下記のメッセージが出るので示された手順に沿ってログインしてください。複数アカウントのログインができますので、2段階認証でこの新しい方式を使いたい Googleアカウントすべてでログインしておくとよいでしょう。


Googleアプリログイン(iOS)


うまくいけば、Googleアプリでログインした端末で新しい方式に対応している端末が出てきます。iOSの場合には iPhone 5S以上(Touch ID実装)なのですかね。



うまくいけば、「Googleからのメッセージ」に、どの端末で確認するかが出てきているはずです。



2016年6月28日 @kimipooh



0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge